看護師の仕事の中でも、手術室での補助を行うぺ看護師は、他の看護師の仕事と違って特別な気がします。
看護師の仕事は、基本的に患者の手当てや治療が行えないことから、患者とのコミュニケーションを通じた医師との橋渡し的役割が重要な役割となります。
従って、患者との対話がとても重要な仕事となりますが、手術室を担当する看護師は、患者とのコミュニケーションが殆どありません。
代わりに、医師が手術をする際の施術方法や段取りなど、全ての手術において知識が必要となります。
手術を手がける医師は、脳や臓器などにおいて、専門の外科医師が担当しますが、手術室で補助を行う看護師は、専門の担当ではなく、全ての手術の補佐を行います。
その際、様々な器材や医師の手術方法を前もって知っていなければ、短い時間での手術は行えず、患者に余計な負担をかけてしまうことになります。
現在、看護師の資格には看護師と准看護師の資格がありますが、手術を担当する看護師が正看護師という規定はなく、准看護師でも手術室の担当をしている看護師がたくさんいます。

近年は、日本の雇用状況の悪化から、大学をでてもしっかりとした定職につくことが厳しく、男性でも将来の収入が安定した看護師を目指す方が増えています。
それでも、一般に病棟などを担当する看護師は、やはりコミュニケーションの必要性から女性看護師の方が採用に有利です。
その点、手術室を担当する看護師は、重い器材などを扱うことから、男性に有利な職場だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website